ハードウェアウォレットはUSBやカードなどに仮想通貨の情報を保存して守るウォレットです。

MENU

仮想通貨の投資を行う際にはセキュリティーにも気を配りたいものです。
価値が上がるかどうか、もちろんこれも大切なことですし、大半の人はそれだけに注目しています。

 

しかし、安全に仮想通貨投資を行うのであれば安全性を確保しなければなりません。

 

コインチェックから580億円の仮想通貨が盗まれてしまった事件は、まだまだ記憶に新しいものでしょう。
どんなに仮想通貨で成功を収めたとしても、それが盗難されてしまえば絵に描いた餅にしかならないのです。

 

そこで紹介したいのがハードウェアウォレットです。
最もセキュリティーが高いと言われるハードウェアウォレットを利用して、仮想通貨を犯罪者の手から守りましょう。

 

ハードウェアウォレットとは?

USBメモリを用いたハードウェアウォレット


仮想通貨を守るのにはいくつかの方法があります。
デスクトップやモバイルで管理する方法が一般的で、その中で最も強固なセキュリティーになるのがハードウェアウォレットです。

 

ハードウェアウォレットとは、USBやカードなどに仮想通貨の情報を保存して守るものです。
完全なオフラインでの保存になるのでハッキングのリスクが無く、紛失や盗難にさえ気を付ければ良いのが特徴です。

 

オンライン上に仮想通貨の秘密鍵がある場合、どうしてもハッキングのリスクが残ってしまいます。
被害に合う確率は極めて少ないものの、万が一ハッキングされてしまえば仮想通貨は根こそぎ奪われるでしょう。

 

そして、奪われた仮想通貨が手元に戻って来る可能性は皆無となるのです。

 

だからこそ、ハッキングのリスクを完全に排除するハードウェアウォレットは最も安全な管理方法だと言えます。
USBなどに仮想通貨の秘密鍵を入れて保存しておけば、少なくともハッキングのリスクは回避出来ます。

 

大量の仮想通貨を保持しているなら、リスクヘッジのために一部だけでもハードウェアウォレットで管理してみてください。

 

メリットやデメリットについて

ハードウェアウォレットのメリットは、USBなどで情報を管理するオフライン性にあります。
ハッキングのリスクを完全に排除できますし、予算は数千円から2万円程度なので安価に導入出来るでしょう。

 

また、仮想通貨の取引所が倒産してしまった場合にも、このハードウェアウォレットは有効です。
自分がどれだけの仮想通貨を所持していたかの証明になるので、資産を確実に守れるようになります。

 

次は、デメリットについて詳細をまとめて行きたいと思います。
最初に触れておきたいのが、ハードウェアウォレットは誰も中身を見れない金庫のようなイメージです。
ハードウェアウォレットは金庫のようなイメージ


そのため、仮想通貨で買い物をしたり支払いをしたりなど、日常での使用は不向きになります。
通常であればスマホなどから簡単に決済できますが、ハードウェアウォレットは何倍も手間を掛けなければいけません。

 

以上のメリットとデメリットがあるので、ハードウェアウォレットは仮想通貨の長期保存に適していると言えます。
安全に仮想通貨を運用したいのならハードウェアウォレットを検討してみてください。