もっとも定番で初心者におすすめしたい投資商品は仮想通貨ではなく株式です。

MENU

仮想通貨以外にも目を向ける

 

2017年は仮想通貨元年とも言われていて、ビットコインをはじめ多数の通貨が大きな値上がりをしました。
芸能人が大きな利益を出したニュースも頻繁に報道されているので興味を持った方も多いでしょう。
しかし、2018年に入ってからは高値の3分の1ほどまで下落する荒い値動きを見せていて、仮想通貨はハイリスク・ハイリターンの投資法です。
今後は大手証券会社の参入も増えて環境は改善される見込みですが、現時点では税制面やツールの安定性で他の投資商品に比べて劣っている点が多いです。

 

仮想通貨をキッカケに投資へ興味を持った方も、まずは他の投資商品にも目を向けて比較してから仮想通貨投資をはじめるか検討しましょう。

 

 

投資初心者に株を勧める男性

 

もっとも定番で初心者にオススメしたい投資商品です。
口座開設時に特定口座を選択すれば、自動的に税金を計算されて差し引かれるため確定申告は不要です。(年間2,000万円を超える利益は必要)
さらに、銘柄によっては保有するだけで配当や優待をもらえるので長期投資するメリットは大きいです。

 

また、板取引で価格ごとに買い注文と売り注文の株の数が明確に見えるので初心者でも任意の価格でポジションを作りやすく、短時間で大きな値動きをするケースも少ないです。

 

仮想通貨は大手のビットコインであっても、自分で活用したいとか画期的なサービスと惚れ込んで投資している人は少ないです。

株であれば、成長を期待できそうな企業を探して投資するので、ファンダメンタルの分析もしやすいです。

 

投資信託

 

投資信託とはプロに運用を任せる投資商品です。
投資後は何もせずに銀行利息を大きく超える利回りを期待できます。
自己資金で株や仮想通貨を買うような、短期間で資産を数倍にするようなパフォーマンスは期待できないですが、素人が独学で勉強して投資するより損失を出すリスクは低いです。

 

FX

 

FXは現物通貨同士の売買をする証拠金取引です。
少額でもレバレッジを効かせることで、0.01単位の値動きで利益を出せます。
円建てによる対ドル、対ユーロなど定番通貨から、対オーストラリアドル、対ポンドなど値動きの荒い通貨まで選べます。

長期的に見ればファンダメンタルの要素もありますが、チャートによるテクニカル分析の要素が強い投資商品です。

 

先物

 

FXと同じ証拠金取引になります。
国内では日経225先物が有名です。日経平均と連動した値動きをして、ラージ1枚で日経平均が10円変動すると1万円の損益が出ます。
ミニなら10円の値動きで千円の損益になります。

 

全体の経済情勢に応じて値動きするので分析が容易でトレンドの出やすい投資商品です。

 

現在爆発的に人気を集めている仮想通貨ですが、仮想通貨以外への投資にも目を向けて比較することも大切です。
自分に合う投資を見つけることが、実は一番堅実な方法かもしれません。