仮想通貨も含めリスクのない投資はありませんが、それを軽減する方法はあります。

MENU

仮想通貨への投資とそのリスクについて

 

仮想通貨の損失を考える投資家2人

 

仮想通貨への投資する人は2017年以降に大きく増えています。

 

以前は大儲けした話を聞くことが多かったですが、2018年はじめの暴落によって損失を出した人の話を聞くことも増えて、仮想通貨のリスクを懸念している人も多いでしょう。

 

投資に関しての素人が何も勉強せずに仮想通貨を買ってしまうケースも目立ちますが、最低限の手法や知識を知っておくとリスクを軽減させた投資法も可能になります。
株やFXと同じで仮想通貨への投資も最低限の勉強とリスクを認識した上で行いましょう。

 

ファンダメンタルとテクニカル

 

今後の価格推移の予測や分析はファンダメンタルテクニカルの2種類があります。

 

ファンダメンタルは業界動向のことを指します。
株の場合は企業の決算や業績予想などにあたり、仮想通貨の場合はコミュニティの発達やシステムの信頼性、需要、普及、規制の影響などがあります。

 

たとえば大手量販店やネットサービスが仮想通貨を扱うと発表すれば、採用された仮想通貨は値上がりします。
仮想通貨全体で規制を受けるニュースが報道されれば、全面安になります。

 

仮想通貨のチャート

 

テクニカルは主にチャートによる分析や値動きのことです。
仮想通貨はニュースや動向の影響を受けやすいですが、毎日進捗があるわけではありません。
材料のない中でも日々荒い値動きをしていて、チャートに沿った動きをしています。
まだ歴史の浅い投資商品で長期チャートはアテになりませんが、時間軸を短くするほどチャートの重要性は高いです。

 

一例として2018年2月11日のビットコインの価格をご覧ください。

 

始値:929,739
高値:1,000,830
安値:860,484
終値:903,176

 

前日比-2.86%の落ち着いた値動きをした日ですが、高値と安値で14万円の差があります。
こうした材料のない1日の中で荒い値動きが起こっているのは、プロの機関投資家同士の駆け引きが影響しています。
その結果、分単位の移動平均線で抵抗したり、ブレイクすると一方へ一気に値が動くことがあります。

 

どのような手法で投資したいかにもよりますが、仮想通貨投資で勝率を上げたいならファンダメンタル分析とテクニカル分析双方の知識を知っておくべきです。

 

また、リスクを少なく投資を行う方法としては、アービトラージ取引という手法もあります。

 

現物と信用(証拠金)取引

 

仮想通貨投資のリスクは現物と信用で大きく変わります。
信用取引は証拠金取引とも呼ばれ、FXが代表的な商品です。

 

現物は現金で仮想通貨を購入することで、単純な両替と捉えれば分かりやすいです。
信用取引は証拠金として入金した現金と保有する仮想通貨を担保にして軍資金以上の金額で取引できる投資商品です。

 

信用倍率のことをレバレッジと呼び、10倍のレバレッジで100万円の証拠金があれば1,000万円分まで投資できます。
ビットコインを1,000万円分買っても、実際に仮想通貨としては利用できず、あくまでも投資としてポジションを持つことだけに用途は限定されます。
大きな値下がりをすると、口座に入金した証拠金以上の損失を出して借金を抱えることもあります。

 

証拠金がゼロにならなくても保有ポジションに対して証拠金が不足すると追加入金するように追証を求められます。
レバレッジをかけると少ない資産で大きな利益を出せる確率は高まりますが、リスクが現物とは比べ物にならないほど大きくなります。

 

なお、FXなどの信用取引は投資先の商品を担保にしているため、仮想通貨ではビットコインなど既に価値の高まっている主要通貨しか取扱がありません。

 

現物ならリスクは少ない

 

アルトコインへの現物投資ならリスクは少ない!

 

初心者やサラリーマンにオススメしたいのはアルトコインへの現物投資です。
仮想通貨は最大手のビットコイン以外の通貨はアルトコインと呼び、価格の安い通貨が多数あります。
現物なら損失を出しても最大で投資した金額になります。
10万円程度の予算でもアルトコインであれば大きなポジションを作れますし、将来的に数十倍から数百倍以上に高騰する可能性もあります。

 

安く買えるということは、将来的に値上がりする確率が低いことを意味していますが、現物で無理のない金額での投資ならリスクは低いです。

 

思惑通りになる確率は低くても少ない軍資金で大きなパフォーマンスを狙えるのが仮想通貨の魅力です。
また、銘柄によって期間を設けてエアードロップ(お試しの無料配布のようなもの)を行っていることもあります。利用条件はそれぞれありますが、無料で取得できるなら手を出してみるのも一つの手です。

エアードロップとは?

 

規制の影響によっては幅広いアルトコインが近い将来大きな値上がりをする可能性もあり、実際に2017年は一部のアルトコインで1年間に千倍以上の値上がりを見せました。

 

銘柄によっては数千円や数万円でも、将来大化けするような投資をできます。